2020年12月12日

洗濯導線重視の洗濯物を畳まなくて済む“ファミリークローゼット”のお家

最近のお客様は、室内干しに関心をお持ちの方が
増えてきた感じがします。

今回、弊社で注文を建てられた方の間取りの一部を
御紹介したいと思います。

元気なお子様が多い為、
常に洗濯機が回っているようなイメージの御家族です。
通常は1階にサニタリールームがあって、
2階のバルコニーに洗濯物を干すのが一般的な間取りです。
ただ、洗濯をする機会が非常に多いとの御要望に応える為、
洗濯導線の配慮、洗濯物を畳む手間を抑えたい、雨天時でも洗濯機を回せる、
点に考慮した結果、2階に洗濯機能を集約した間取りとなりました。

baru.png
もちろん、バルコニーにも直接出ることが可能なテラスドアも設置。
お客様にも御満足頂けました。


洗面室.jpg
洗面化粧台の横に設置する洗濯機の上部に、
ガス衣類乾燥機が設置されます。

ホスクリーン.jpgUB.jpg

家造りをする方は、
いろいろなご希望や想いがある分だけ、
慣れない事等で悩むことも多いと思います。
ただ、頑張った分だけの想いは、必ず形として現れてくる思います。
弊社としても、まずはお客様を理解し共感するところからが
建築設計で大切な点でだと考えております。
posted by A・I at 21:00| 愛知 ☀| Comment(0) | A・Iホームの出来事 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする